おまつりイベント

横手の雪まつり【梵天(ぼんでん)】

「ぼんでん(梵天)」とは、神霊が降臨するための標示物・依代(よりしろ)としての大きな御幣形のものを意味しています。五穀豊穣、家内安全、商売繁盛など様々な願いを込めて毎年2月17日、旭岡山神社に奉納する行事で、約300年の歴史があるといわれています。

横手のぼんでんは、他に類をみないほどの大きさ、優美さ、そして豪華さが特徴です。竿の長さは約4.3m。その先に直径約90㎝の円筒形の竹籠を取り付け、色鮮やかな「さがり」(布地や麻糸など)を垂らし、しめ縄や紙垂、鉢巻を取り付け、さらに干支、人形などの意匠を凝らした頭飾りをのせます。全体の大きさは5mを優に越え、その重さは30㎏以上にもなります。

2月16日には、梵天全体の出来栄えを競う「梵天コンクール」も行われ、会場となる横手市役所本庁舎前には、本梵天、子供たちの小若梵天、えびす俵が並びます。

 

基本情報

日程 2月16日(梵天コンクール)
2月17日(旭岡山神社梵天奉納祭)
会場 2月16日 横手市役所本庁舎前
2月17日 横手市役所本庁舎前~旭岡山神社
時間 2月16日 9:30~13:00頃
2月17日 9:45~13:00頃

沿 革 お問合せ