横手を見る

石坂洋次郎文学記念館

 作家石坂洋次郎が、大正15年より13年間にわたって教員生活を送った横手は、多くの作品の舞台として、洋次郎に大きな影響を与え、その文学をはぐくみ開花させました。記念館は昭和初期の町家と土蔵をイメージして作られており、館内では石坂洋次郎が横手で教師として、また作家として過ごした当時の資料を中心に展示しています。

ご案内

ニュース

吉永小百合さんから色紙をいただきました

 石坂洋次郎作品の映画に数多く出演し、洋次郎とも親交のあった女優、吉永小百合さんからサイン入り色紙をいただきました。洋次郎ゆかりの品々と共に館内に展示しておりますのでご覧ください。

基本情報

住 所横手市幸町2-10
TEL0182-33-5052
開館時間9:00~16:30
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日~1月3日
入館料高校生以上100円共通入場券(中学生以下無料) ※発行日限り有効
(後三年合戦金沢資料館・かまくら館・石坂洋次郎文学記念館・横手公園展望台の4館共通)  
駐車場有り

沿 革 お問合せ