横手やきそばの誕生

トップ > 発祥

横手やきそばのルーツは、第二次世界大戦直後にさかのぼります。
終戦直後、横手市で屋台のお好み焼屋さんを営んでいた男性が、お好み焼き用の鉄板を用いた新たなメニューを模索したことが始まりと言われています。

当時市内で販売されていたお好み焼きは、小麦粉生地を薄くクレープ状に焼き上げ、割り箸に巻き付けて食べられていました。販売単価が安く、子どもたちの数少ないおやつでもありました。

このお好み焼きに変わるメニューとして横手やきそばは検討され、市内の麺業者と焼きそば麺づくりの試行錯誤が繰り返されることとなりました。お好み焼き屋台の営業が終了後、製麺工場内で議論を交わしつつ焼きそば麺に奮闘すること数年、ついに昭和28年頃現在の横手やきそば麺が完成しました。

この横手やきそばは、はじめ居酒屋で販売されていましたが、手頃な価格とおいしさで爆発的な人気商品となり、店舗での販売へ移行しました。

また、簡単に作れること、道具を必要としないため、駄菓子屋の一角や民家の軒先で横手やきそばを販売する店も増え、当時、市内には100店舗ほどの焼きそば店があったと言います。

この焼きそばブームは市内にとどまらず、近隣町村にも同様の焼きそば店が増えていきました。

横手やきそばは、お好み焼き屋の発想から誕生したので、子どもたちの数少ないおやつという位置付けでしたが、その後は市民の一般的な食事として浸透していくこととなりました。

ページ先頭へ
YOKOTE I believe 地域ブランド監理監視機構について 横手やきそばタクシー FOOD Pro あきた! 北海道・東北B-1グランプリ 横手やきそば道場 横手かまくらFM 横手市へのアクセス よこてメシコレ!横手のグルメをブログでお届け! ブルドックソース株式会社 日清食品チルド 日清食品冷凍 よこての観光(社)横手市観光協会 横手の名産品 オンラインショップ 類似商品・便乗商品の販売行為の禁止・中止のお願い バナー広告募集